8月6日(火)~8月16日(金)まで夏期休暇をいただきます。
検定申込み等、パスワードのご連絡は8月17日(土)となりますので宜しくお願いします。

いろいろ訳あって連盟には入れず
でも興味あり
教材サンプルを見て生徒に実戦

教材屋さんに注文し今では3級以下全てが当連盟の教材に
進度がすこぶる速い
指導が楽
多くの人数を見れる

いいですねー、利用させてもらってますとのメール。

このような先生方、それも複数の方より度々メールをいただく。

これもまたいいのか?
この検定を広めることも大事な仕事

いづれ会員になってくれるかもしれない
そんな思いもありますね。

いいものを素直にいいと判断できない
連盟にしがみついている
連盟のために塾を運営しているの?
そんないろいろな考え

1番は幼児が無理なく受験できる体制
教室・検定から場所、時間など
どんどん時間が削られていく現在
対応するにはこれしかない

キーワードは『幼児』『週1』なのだ
この2つのキーワードを無視している塾、数年後無くなるよ
2つのキーワードを考えると、教材・スタッフが難しい
幼児は手がかかる、スタッフの手が必要
週1じゃなかなか進まない

私の塾、東京都中央区に2軒
ど真ん中の日本橋

ここでやれているんです。

ぜひ連盟会員に、お願いします。

会員申込みをして費用請求後、連絡が無くなった方、現在二人
残念でしかない


計算スキルコンテスト
やりました。
参加者350名
いい感じのイベントでした。
よければぜひ
無料ですしご自由にどうぞ
こちらからは提供するだけ
やるかやらないかは先生しだい
ぜひ




1級合格後、小数や端数処理など教えることが沢山あります。
これまで3級の時に指導していた小数、これを1級合格時にするのですから、楽と言えば楽
ところが整数期間が長すぎたせいか、なかなか覚えない生徒もいたりします。
きっと機械的に整数のケタ揃いばかりをしてしまったせいかもしれませんね。
考えてから、そろばに置く、そのトレーニングをしていないことも考えられます。

ただ1級までスイスイ来たわけですから、段位はじっくりやろう
そんな考えで作成しました。

まるで初歩状態

段位ででてくる大きなケタの整数
小数のかけわりの導入
そのトレーニング
端数処理
端数処理のあるかけわり
そのトレーニング

こんな感じの内容を1冊A4で44ページにまとめ上げました。

楽しく、先生と一緒に、こんな時間がなかなか少なくなってしまった上級生
この機会に初歩を生徒と共に楽しむ

これもまたいいですよ。
とりあえず50冊作成しました。

テストを重ねての作成ですが、これから熟成させ
10月の研修会で詳しく説明できると思います。
表紙は下記です。

イメージ 1






↑このページのトップヘ