2020年04月

皆様へお知らせとご連絡です。

すでにご存じの方のおいでになるかと思いますが、今月ご入会の皆様もございますのでご連絡いたします。

5月6日まで休業のお教室も多くなりました。

■日本計算技能連盟からの提案です。

当連盟では通信制競技大会全級スピード競技を年6回(偶数月)開催をしています。

4.6.8.10.12.翌2月の6回開催ですが、4月大会をもれなく全員無料とすることにしました。

生徒のみなさんへの宿題や自主練習での集計もいいと思います。

ぜひご参加いただけますようお願いします。

練習問題・本陣問題や成績集計表もホームページにございます。

■テノケア

指や手の除菌スプレーです。

大会のために準備していたものですが、大会参加団体の皆様へは委員分を送付しました。

まだ在庫してございます。

必要な方はご連絡いただきましたら送りますので遠慮無くお申し出ください。

■連盟ホームページブログにも同様のものを掲載しています。

ご覧ください。

■本日補助教材を追加しました。

小数の特訓的使い方もいいかと思います。

不定期にて増やしていきますのでご覧いただければと思います。


みなさんコロナに負けず頑張りましょう。
IMG_1104

補助教材を追加しました。


緊急事態宣言該当の都道府県の皆様、教室を休塾しているみなさん、宿題としてもご活用ください。

小数問題のピラミット問題です。

AとBがありますのでご覧ください。

小数がうろ覚えだったり、計算が遅くなったりと、通常の検定問題では題数が少なくなかなか覚えきれない生徒、宿題としてもボリュームありです。
またほとんどのバリエーションが入っていますから活用してみてください。

緊急事態宣言が7都道府県に出されていますが、皆様いかがでしょうか?

たとえ休塾にしていなくても心配でしょう。
そして大会なども無くなり目標も見えにくくなってきていると思います。

東日本大震災の時も生きるが最優先、そして生活の安定を皆望みました。後回しにしてしまったのが教育でするもちろん習い事どころではない、それもそうでした。食べるもの、水さえ無くて井戸に汲みにいったのですから。
1ヶ月が過ぎた頃から塾が開始されたり、それでも満足な費用はいただけない。そんな日々の後に海外からの支援も多くなり習い事などお育てに必要な費用を支援してもらえるようにもなりました。

ただ今回のコロナは日本全国どころか海外はもっと大変なので東日本大震災時のようにはいきません。

個々がしっかり経営を考えないと倒れていくかもしれません。

年齢や体力、いろいろ考えるとこれを機に閉店、そんな教室もあるかもしれません。
業界にとって教室が減ることは大打撃ですが大連盟は中止宣告のみで何もしてくれません。
そろそろ気がつきましょう。

なんとか支援の輪をと考えても上手くはいかないのが現状でしょう。

これまでの検定試験の歴史もある、理解しているつもりですが、ネットで申し込み翌日には検定が実施でき、合格名簿をメール添付するだけの検定です。
簡単な申し込み方法ですのでぜひご活用いただければと思います。
会員になっていただければ入会金と年会費は必要ですが検定も会員価格となりますし検定練習の導入書などの教材もダウンロードし使用することができます。

みなさんからの会員登録お待ちしております。
詳しくはHPをご覧ください。
尚、会員申し込みになりましても会員名簿の公開はしていません。
連盟の中には他の連盟や検定受検は御法度などいろいろ独自のルールがあるようです。
本当にそれが未来のためのそろばんなのでしょうか?
我々の次の世代はどうなりますか?
この問題は後継者がいる先生方は真剣に考えないと、連盟存続のための塾になりかねません。
私たちは連盟存続ではなく珠算塾、そしてそろばんを存続させるために努力していかなくてはいけない。そう思いますがいかがでしょう。

皆様へ
現在東京は緊急事態宣言です。
検定試験の賞状発送が4/8~5/6までの期間での賞状発行が遅れます。
外出自粛中でもありますのでよろしくお願いします。

お急ぎの方はご連絡ください。
ご連絡の無い場合には5月7日以降の発送となる場合がございます。

よろしくお願いします。

新型コロナウイルスにより自粛、東京には緊急事態宣言が4月7日(火)に出るようです。そのため賞状等の出荷についてお時間をいただくことになります。
週に1回程度の出荷となりますのでご了承ください。
よろしくお願いします。

↑このページのトップヘ