カテゴリ: 日記

夏休み、もうすぐ終わりますね。
東京の暑さも昨日からちょっとだけ和らぎました。

毎年8月は全日本珠算選手権、今年は満点2人に満足するも日本一は遠い
そんな思い出の京都でした。

日本一はたった1人なんだねー
教室で10段をめざす、そんなカラーもだんだん少なくなった
9段の次は11段になってしまって
10段への拘りは少なくなっている
でもほぼ毎回某連盟の10段合格者はいますが

夏期休暇、今年は休暇?だったのか運転手だったのか・・・・

気持ちを切り替えて教室に向かうわけですが
今週はスピード競技の記録会、来週は検定試験
休み明け、いきなりエンジン全開
故障しないよう気を配りながらの授業、故障する生徒がいないように
1番は楽しく、ひたすら楽しく

週末は全大坂オープン
満点をめざす
これもまた大事

10月開催の研修会
これも楽しみ
みなさんに喜んでもらえる内容にしなくては
そしてお土産
いいお土産を準備したい
私の教室での検定受検・実施システムの紹介はぜったいいはず
そんな紹介ができたらと思っています。

遠くから参加してくれることに感謝

みなさんをお待ちしています。

10/13 お申し込み忘れの方などいらっしゃいましたらご連絡お願いします。
今月ご入会されました皆様、話が前後していますがどうぞお申し込みくださいませ。

予定通り開催。詳しく下記をご覧ください。

会議室、一個とはないけどたぶんいいところ
懇親会、会場を会議室の隣の部屋を借用

移動の時間は無いので楽なはず

会議室も懇親会もいい場所、いいところは高い

けど、初めての顔合わせなので

さて、メールにてご案内していた研修会

いぜん書類での日程より変更してあります。
これがいいのか悪いのか
以前連絡したのは6日でしたが都合の悪い連絡が数件
会場と交渉し13日にしました。

今考えると、6日が都合良い方もきっといたのでしょう。

すみません、都合の悪い連絡が数件来たのでつい変更をしてしまいました。
6日予定されていた先生方、すみません。

反省を踏まえて次回からは変更無く開催します。

そして研修会の内容
他の先生にお願いしようとおもっていましたが、私の考えで作り上げた検定
そして内容・実施方法、移行に関すること
そんなわけで私がご説明しながら勤めさせて頂くことにしました。

みなさんからのご意見もわづかな時間ですが頂戴いたします。


さて明日は全日本へ出発、日本一とりたいなー
8/8の夜に東京に戻り9日朝から外出、16日に東京に戻ります。
メールの送受信は可能ですが検定パスワードは17日よりご連絡となります。

暑い京都、これで連続18回目かな

8月6日(火)~8月16日(金)まで夏期休暇をいただきます。
検定申込み等、パスワードのご連絡は8月17日(土)となりますので宜しくお願いします。

いろいろ訳あって連盟には入れず
でも興味あり
教材サンプルを見て生徒に実戦

教材屋さんに注文し今では3級以下全てが当連盟の教材に
進度がすこぶる速い
指導が楽
多くの人数を見れる

いいですねー、利用させてもらってますとのメール。

このような先生方、それも複数の方より度々メールをいただく。

これもまたいいのか?
この検定を広めることも大事な仕事

いづれ会員になってくれるかもしれない
そんな思いもありますね。

いいものを素直にいいと判断できない
連盟にしがみついている
連盟のために塾を運営しているの?
そんないろいろな考え

1番は幼児が無理なく受験できる体制
教室・検定から場所、時間など
どんどん時間が削られていく現在
対応するにはこれしかない

キーワードは『幼児』『週1』なのだ
この2つのキーワードを無視している塾、数年後無くなるよ
2つのキーワードを考えると、教材・スタッフが難しい
幼児は手がかかる、スタッフの手が必要
週1じゃなかなか進まない

私の塾、東京都中央区に2軒
ど真ん中の日本橋

ここでやれているんです。

ぜひ連盟会員に、お願いします。

会員申込みをして費用請求後、連絡が無くなった方、現在二人
残念でしかない


計算スキルコンテスト
やりました。
参加者350名
いい感じのイベントでした。
よければぜひ
無料ですしご自由にどうぞ
こちらからは提供するだけ
やるかやらないかは先生しだい
ぜひ




1級合格後、小数や端数処理など教えることが沢山あります。
これまで3級の時に指導していた小数、これを1級合格時にするのですから、楽と言えば楽
ところが整数期間が長すぎたせいか、なかなか覚えない生徒もいたりします。
きっと機械的に整数のケタ揃いばかりをしてしまったせいかもしれませんね。
考えてから、そろばに置く、そのトレーニングをしていないことも考えられます。

ただ1級までスイスイ来たわけですから、段位はじっくりやろう
そんな考えで作成しました。

まるで初歩状態

段位ででてくる大きなケタの整数
小数のかけわりの導入
そのトレーニング
端数処理
端数処理のあるかけわり
そのトレーニング

こんな感じの内容を1冊A4で44ページにまとめ上げました。

楽しく、先生と一緒に、こんな時間がなかなか少なくなってしまった上級生
この機会に初歩を生徒と共に楽しむ

これもまたいいですよ。
とりあえず50冊作成しました。

テストを重ねての作成ですが、これから熟成させ
10月の研修会で詳しく説明できると思います。
表紙は下記です。

イメージ 1






↑このページのトップヘ